お茶の原点、釜炒り茶。 茶本匠因尾茶 ホタルの茶 100g×3ヶセット 有限会社きらり・大分県 産直お取り寄せのニッポンセレクト

ホーム > 飲料 > お茶 > お茶の原点、釜炒り茶。 茶本匠因尾茶 ホタルの茶 100g×3ヶセット 有限会社きらり・大分県

お茶の原点、釜炒り茶。 茶本匠因尾茶 ホタルの茶 100g×3ヶセット 有限会社きらり・大分県

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3

お茶の原点、釜炒り茶。 茶本匠因尾茶 ホタルの茶 100g×3ヶセット 有限会社きらり・大分県

  • 送料無料

商品番号 F00740001

2,700円 (本体価格:2,500円)

数量
この商品について問い合わせ
お気に入りに追加

釜炒り茶とは摘んだばかりの茶葉を300度くらいに熱した鉄製の釜で時間をかけて炒ることにより、お茶本来の香りを際立たせたお茶です。
特徴として、鉄製の釜で炒られることから、蒸し茶に比べ、やや茶葉が白っぽくなり、丸みを帯びています。
釜炒り茶の歴史
蒸し茶よりも古く、15世紀前後に中国から日本に伝わりました。
現在では日本茶のほとんんどが、摘んだばかりの茶葉を蒸して作る蒸し茶で、釜炒り茶は、九州の一部の地域でしか作られておらず、その生産量は国内の茶生産の1%ほどです。年々釜炒り茶の生産量は減少しており、まさに幻のお茶になろうとしています。
因尾茶の特徴
・ 炒ることで香りを葉の中に閉じ込めるため、香気が高く豊かに立ち上ります。・300度の高温で短時間に仕上げる為、うまみが逃げず、さっぱりとした渋みを味わえます。・水色は黄金色です。
因尾茶の歴史
江戸時代の中期、毛利藩主(大分県佐伯市)の殿様が長崎の出島に出向いた際、中国から入ってきた釜炒り製のお茶の話を聞き、種を買って帰り、因尾地域の気象・風土の条件が茶栽培の条件に合っていたことから、当時焼き畑農業をしていた農民に植えさせたのが始まりと言われています。
九州一の清流番匠川を中心に点在する茶園、山間地ならではの寒暖の差と川霧に調和され育まれた因尾茶は深い香りとさっぱりとした喉越しが特徴です。


商品詳細

数量(容量)・内容 100g×3袋
賞味期間 365日
カラー・柄など 白・黒・水色
原材料 生葉(お茶)
事業者名・販売者名有限会社きらり
所在地大分県
配送に関してのご案内
  • ・ご入金確認後4営業日以内(土日祝を除く)での発送となります
  • この商品は「九州エリア」から発送されます
  • ・配送方法:常温便
  • ・出荷元:有限会社きらり
九州エリアから各地域への配送料(税込)
この商品は「送料無料」でお届けします。

送料は出荷元と配送便種類ごとに発生します。
送料に関しての詳しいご案内はこちら

この商品のお客様レビュー(評価・感想)

この商品に寄せられたレビューはまだありません。

お客様の声をお寄せください。(レビューの投稿は本商品を購入された会員の方が行えます。)

お客様レビューガイドラインはこちら

最近チェックした商品

チェックした商品はありません